脂漏型と乾燥型のフケ症対策用シャンプーの選び方

乾燥型のフケ症

乾燥型のフケは、皮脂が少なく、乾燥した皮膚がはがれ落ちるようにパラパラと落ちます。

洗髪のしすぎが原因となる場合があります。

また、女性に多く見られる乾燥肌の方でも脂漏性皮膚炎が発症する場合もあります。

通常頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことで、乾燥してしまい頭皮がはがれ落ちてフケになります。

刺激の強いシャンプーを使っている場合も同様に過剰に皮脂を溶かしてしまう事となり、乾燥を引き起こしてしまいフケが発生するようになります。

脂漏(しろう)型のフケ症

頭皮にベトベトしたフケが出て爪の間に挟まるような形で取れたりします。

このような症状の場合、脂漏性皮膚炎と診断されることがほとんどです。

脂漏(しろう)型のフケ症は男性に多く、皮脂の分泌量と関係しています。

毛穴がふさがるとさらなる皮脂が頭皮の表面から出ることができなくなるので毛乳頭が皮脂まみれになってしまします。

洗いすぎは禁物ですが、適度に皮脂を取り除き頭皮を清潔にたもつ必要があります。

脂漏型と乾燥型のフケ症対策予防ガイドメニュー